FC2ブログ
プロフィール

プチきなこ

Author:プチきなこ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

10 | 2018/11 | 12
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
この手で、触れ、感じ、掴み、渡し、握り合い、重ね合いながら、さまざまなものを作っていきたい。いつの日か、「ありがとう。なんて素晴らしい手だったんだ。」と心から思えるその時を楽しみにしながら。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
観てきましたよ。
「あなた~の燃える手で~、
わたし~を抱きしめて~」で有名な
エディット・ピアフの映画を観てきました。

2月には母べえを、
3月はアメリカン・ギャングスターと
気がつけば、コンスタントに観に行っています。

さて、エディット・ピアフですが、
特別な才能と引き換えなのでしょうか、
天才によくあるなんとも痛いたしい悲劇的な
人生でしたが、
ピアフの趣味もあみものということで、
晩年(晩年というには、あまりにも短い一生でした)
浜辺で、ひとりであみものをするシーンがあるの
ですが、天国と地獄を行き来する運命の彼女に
とって、唯一、平安でいられた幸せな時間だった
のではないでしょうか。

人も羨む天賦の才能を与えられ、充分に発揮でき、
世界に絶賛され、愛され、多くの人に囲まれながらも
ピアフの、いつも孤独に震え、多量のお酒や薬が
なければ生きていけない姿のギャップに、
つくづく、何が、人を幸せにするのか・・・
と考えさせられました。

ピアノの先生も、「観たかったんです~」とのこと。
お誘いすればよかったですね。
ピアフを敬愛している作曲家が作った
「ピアフをたたえる歌」という曲もいいですよ、
と弾いてもらうはずが、レッスンでお互いすっかり
忘れていました。
今度はぜひ。
生で、グランドピアノで演奏が聴けるんですよ~
贅沢でしょ~
うれしいです~♪
スポンサーサイト
【2008/04/22 19:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ゴールデンウィーク♪ | ホーム | 喜び~♪>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://rikiiikoyana.blog108.fc2.com/tb.php/97-2096a3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。